不妊 産み分け

不妊と産み分け 私はこれで妊娠しました!

高齢の方は特に!排卵前日の性交で卵子の老化を防ぎましょう!

読了までの目安時間:約 5分

 

037288

昨日は精子の老化についてお話ししましたが
今日は卵子の老化についてのお話です!

卵子は排卵前に老化し、排卵後も老化します!
生理不順や高齢などが原因で排卵が遅れると卵巣内の卵子の

老化が進みます。
この老化卵子が排卵して受精できた胚は発育初期に死んで
しまいオカルト妊娠で終わる場合が
多いのです・・・

ダウン症候群は卵巣内卵子の老化が原因です。
女性の妊娠年齢が35歳を過ぎてしまうと年齢とともに
ダウン症児の出産率が高くなる事はもう不妊について
勉強している方はご存知の事ですよね!

排卵後6時間以内が絶妙なタイミング

排卵後の卵子の老化も早期胚死亡に結びつくことがアメリカの研究者によって報告されているようです。
精子に比べ卵子の老化は早く進むので排卵後6時間以内に受精するような
配慮が必要となってきます。

具体的には排卵日の1,2日前に性交することです。

この性交によって精子は卵管峡部の貯蔵所で保存され排卵が近づくとその情報が
卵巣から貯蔵所に伝えられ情報を受けた精子はすぐに卵管膨大部へ向かって卵管を
遡ります。
排卵した卵子は3分で膨大部末端に達し、ここで上昇してくる精子と受精します。
こうすれば卵子は排卵後すぐに受精するので排卵後の老化の心配はなくなります。

排卵前の卵子の老化を防ぐのは困難ですが、タイミング妊娠法を実行すれば
排卵後の老化は防げるので、ある程度は埋めあわせることができるでしょう!

老化卵子に起こる異常!!

卵子の老化が原因で起こる異常のうち最も多いのは染色体の数の異常です。
新鮮な卵子の場合には1個の精子が入り込むとただちに卵子の周囲に防護壁がつくられて
後からくる精子の侵入を防ぐしくみになっているのですが、老化した卵子ではこの防護壁が
鈍くなってしまうため、1個の卵子に2個あるいはそれ以上の精子が侵入してくることがあります。
こうなると受精卵は染色体異常となり正常に発育する事が困難になってしまいます。

卵子の細胞内には遺伝子に異変が生じるとこれを正常に戻そうとする酵素があるんですが
老化卵子ではこの酵素の働きが弱くなります。
その結果、遺伝子が傷つても修復する事ができず胚は死んでしまうか、生まれた子供になんらか
の障害がでてしまう可能性があるんです。

老化卵子を防ぐためにも特に高年齢の方は絶好のタイミングをはかりましょう!

女性ホルモンを整え妊娠しやすいからだづくり!

妊娠率が83%アップする!不妊体質改善講座!妊娠・出産・ガイドブック 不妊を
取り組むように決めて まずきちんとした女性ホルモンに整えたいと思い
色々と女性ホルモンについて調べていて見つけた商品です。
女性ホルモンを整える事が「脱不妊」の第一歩といっても過言ではない
んですよ!

正直ちょっとお高いのですが、私はこの時共働きだったので私のおこづかいでこっそり
購入しました笑
                             


↓ ↓ 詳しくはコチラ↓ ↓

妊娠率が83%アップする!不妊体質改善講座!妊娠・出産・ガイドブック

今「妊娠率が83%アップする!不妊体質改善講座!妊娠・出産・ガイドブック
の マニュアルを購入いただけると、入手困難なホルモン研究所発行の
便秘とホルモン」 についてのレポートをプレゼントさせていただきます。
中は便秘の基本、食物繊維の多い食材やレシピなどが盛り込まれていますよ!

  WS000002

 

不妊の基礎知識 女性ホルモンのお話し 妊娠率アップのお話し 高齢出産   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

「不妊」・「産み分け」マニュアル人気ベスト3!

 魔法の女の子産み分け術

自宅でできる女の子の産み分け法!

ステップ方式ですすめていく産み分け法です。ボリュームの ある資料ですが分かりやすく説明してくれています。 基礎体温、年間スケジュールの作成も行っていく 実践型産み分け法です。
魔法の女の子産み分け術
妊娠率が83%アップ!不妊体質改善講座!

不妊の基本!女性ホルモンを正して妊娠力を高める!

妊娠力を高めるにはホルモンバランスの改善は絶対に必須です。 女性に多く妊娠を妨げる子宮筋腫、子宮内膜症などホルモン バランスを整える事によってこれらも改善できるんです!
WS000002
奇跡の妊娠法 しあわせ妊娠マニュアル

「正しい妊娠の為の過ごし方」無期限サポート!

子宝コンサルタントである溝口博士さん(整体師)の妊娠する 体づくりノウハウ!不妊に大敵の冷え改善や食事療法 また高齢の悩みも解消!来女性が持っている女性の妊娠力を最大限に高めます!
WS000003
TOPへ戻る